近鉄桑名駅の名古屋方面のホームが拡幅されていた

写真撮れなかったですが(朝早いし、帰り着かれてたし)、昨日通勤のために電車に乗ってたときに、以前から工事をしていて、待避線側に準備用のレールが引かれていた近鉄桑名駅の名古屋方面ホームが拡幅されていました。

JR桑名駅、近鉄桑名駅共々、高架化の話がありましたが、予算の都合+近鉄河原町駅周辺高架化に負けて、橋上駅と自由歩道を建てるという形で決着し、工事が進んでいます。ただ、名古屋方面のホームはかなり狭く、現在使用されている改札口への階段もかなり狭いです。JRのが広いですし、エスカレーターもついてます。近鉄の方が2倍近くの乗降者数もありますが、こちらは狭い階段のみです。

ただ、今回改札口が南の方にづれるために、現在のように端っこに階段がある状況ではなくなり、ホームの途中に会談などが出来るようになります。しかし、名古屋方面も四日市方面も南側へ行くほど狭くなっていること、特に名古屋方面は、まず階段作ることすら不可能な狭さなので拡幅のために工事が進んでいました。西側にあった近鉄関係の建物が除去され、そのあと線路が引かれ、昨日かその前あたりに拡幅されたのでしょ。

まだ、現在使用されてる改札口方面は途中までの拡幅になっています。エレベータがあることと、現在の改札口あたりの建物によって広げられないので、これらが移動したあと、北側も拡幅されそうです。

それにしても、近鉄四日市方面に待避線を追加しないのですね。養老鉄道(旧近鉄養老線)の引き揚げ線が取り除かれて広くなっているのですが、養老鉄道側をJR側に新設として移動させ、現在使っている養老線ホームを待避線として用意するのかなと思ったのですが、それはなさそうですね。近鉄阿倉川駅が、エレベータ工事のために待避線を廃止しました。そのため、緩急接続や待避用に桑名駅にも待避線を作るかなとも思ったのですが(工事費用がJRに比べて2~3倍以上高かったため)、どうなるんでしょうか。

飛竜猫
  • 飛竜猫
  • 飛竜猫と書いて「とりゅねこ」という、三重県四日市市在住で名古屋へ勤務してるプログラマー兼ネットワークエンジニア。プログラム言語は、C#言語とPHPがお気に入り。サーバー構築はRHEL系のNginxがお気に入り。新しいことを始めることが好きだけど、最近は早すぎて追いつかないよ!

    アニメ視聴にスクーターでぼっちツーリングしたり、電車や鉄塔見に行ったりと自由奔放な趣味で、IT関係の趣味は、自作パソ構築したり動画編集してみたりと...いろいろチャレンジしてます。

    さすがに、新しいことのチャレンジは、年齢的に厳しくなってきたような気がする...

    どちらかというと理数系なため、文章書いたりするのはかなり苦手です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です